Insights from a SDGs Symposium 2021

Insights from a SDGs Symposium 2021: Interdisciplinary science solutions for food, water, climate and ecosystems Sustainable Development Goals.

Written by Peljee Batbayar

Hello everyone, hope you all are doing well. I am Pere, M2 student in this lab. I had a chance to participate this great event last month. Thanks to Abe sensei who informed us. The seminar was held via zoom in 26th of March and over 500 people participated. It took me so long to finish this writing, but better late than never! Although contents written here are very limited as audiences could hear the seminar just once, I hope someone could grasp something from here.

In the recent few years, we hear a lot about global crisis such as increasing natural disasters, habitat loss and climate change. Experts and scientists are proving that many of them are driven by human activities. At the same time, we also see everywhere about SDGs, and the raising awareness of environmental issues is undoubtful. However, are we (each of us) trying our best? about this, I doubt, even though it’s hard to tell. To understand and mitigate ongoing climate and ecosystem change, there is an urgent need to generate interdisciplinary knowledge between SDSs (according to the event introduction) which I agree with because the issues and solutions are all interconnected, complex and global. Everyone is needed to reach these ambitious targets (SDGs), not only researchers but also police makers, business owners, and we global citizens need to work together. The aim of this seminar was to highlight and strengthen the connections between each group. The event was co-organized by Springer Nature and The University of Tokyo. Some of the Japan’s renowned researchers working in this field were invited to give a presentation.

Springer Nature, is a publishing company which plays an important role in advancing the discovery and sharing the evidence-based sustainability research. One of the keynote speakers of the seminar was Philip Campbell, who is editor-in-chief of the company. He introduced Springer Nature’s Sustainable Development Goals (SDG) Programme, which aims to support researchers across the globe as they tackle urgent societal needs, and to connect them with the practitioners in policy and business, who can implement those insights to achieve SDGs. As I look into their website after the seminar, I was very surprised at their incredible work. Springer Nature has published many journals (Nature journals) that are committed to SDGs related solutions including Nature Climate Change (2011), Nature Energy (2016), Nature Sustainability (2018), Nature Food (2020) etc. And not only the journals, but they have also published Sustainable Development Goals Series, which is organized into eighteen subseries: each of the seventeen SDGs, and an eighteenth subseries, “Connecting the Goals”.

Mr. Campbell also introduced Dimensions, a research information system where users can find not only publications and citations but also datasets, grants, clinical trials and patents all in one place. It has a collaboration with over 100 leading research organizations around the world and contains more than 106 million publications (as of 2019). In March of 2020, Dimensions included new research category filters for seventeen SDGs, which is available to all users including free version users. I think this is truly a great opportunity for everyone who is interested in studies related to SDGs to gather insights and make a connection.

He also mentioned about CERES2030: Sustainable Solutions to End Hunger, a project which aims to achieve SDG 2 (Zero Hunger) and contributes to sustainable food systems. Cornell University, International Institute for Sustainable Development (IISD) and International Food Policy Research Institute (IFPRI) cooperated together to build this project. I visited their website and learned that 70 researchers from 23 countries volunteered for this project, dividing into 8 research themes (water scarcity, employment, livestock, post-harvest, vibrant food, policy, plants and farmers organization). As my research is related to livestock and food insecurity to some extent, I am very glad to know these institutions and projects, where people from all around the world gather and work together towards one goal to solve the global issues.

Taikan Oki, Special Advisor to the President, and Professor at Graduate School of Engineering, The University of Tokyo was the 2nd keynote speaker. He talked about the interdisciplinary aspects of his research, how it is connected to the SDGs, and how to select research themes that are meaningful and worthwhile. Professor Hiroyasu Hasumi (Atmosphere and Ocean Research Institute, The University of Tokyo), Associate Professor Alexandros Gasparatos (Institute for Future Initiatives, The University of Tokyo), and Associate Professor Tomoko Hasegawa (College of Science and Engineering, Ritsumeikan University) introduced their research.

Although I didn’t fully understand all of the details that were presented by the speakers, I am very grateful for just to get to know these scientists and researchers (leaders I would say). Their presentation and discussion encouraged me to study more about SDGs and global environmental issues. You can read brief introduction of each speaker’s research and their SDGs point of view from the link below.

(Both Japanese and English version are available.)

https://www.natureasia.com/ja-jp/natsustain

In the end, I want to introduce my research in relation to the SDGs, using this opportunity. As I mentioned before it is related to livestock to some extent. Livestock industry is strongly related to environmental impacts for its high amount of GHG emissions (accounting for 14.5% of anthropogenic GHG emissions), high water footprint and for being the primary reason for deforestation, land degradation and ocean dead-zone. Against this background, global meat consumption has been rising continuously and expected to grow due to the income growth and world population growth. Scientists are indicating that this pathway is incompatible with preventing global temperature rising more than 2 degrees. Adding to the environmental aspects, high intake of animal-based food products has been associated with a greater risk of chronic diseases such as obesity, type 2 diabetes and coronary heart disease. Therefore, meat-reduced diet not only contributes to the reduction of GHG emissions, but it is also beneficial for consumer’s health. If we see it from the perspective of SDGs, reducing meat consumption is related to SDG 2 (Zero Hunger), SDG 3 (Good Health and Well-being), SDG 12 (Responsible Consumption and Production), SDG 13 (Climate Action) and SDG 15 (Life on Land). I personally think that it’s one of the necessary actions that we as consumers can and need to do in order to mitigate climate change. However, reducing meat consumption is not as simple or easy as it sounds for majority of us (at least for now). The reason is that there is a very complex system working behind it. Our habit, attachment to meat, family and friends’ influence, culture and social norm, our attitude and individual needs, availability and acceptability of the meat substitutes, it all can be factors that affect this decision to various extent depending on individual circumstances. My research aim is to identify the relevant socio-psychological and socio-demographic factors and to what extent these factors influence consumer’s willingness to reduce their meat consumption. Also, to find out how and what factors of currently available plant-based meat alternatives are playing a role in this process.

It’s still a controversial topic and sometimes I even confused about what I’m doing and if it is necessary or beneficial to the society. But one thing that encouraged me was in the end of the Professor Taikan Oki’s talk. He said that “Let’s try to do what is right, not what is easy!” as he took a line from Harry Potter. After attending this seminar, I got an idea that I need to dig deep into the background of my research and study various related fields in order to clear my doubts and connect the dots, so that I can see more clearly.

Thank you for reading this till the end, have a good day!

Sources:

References for my research part:

  • Gerber, P.J., Steinfeld, H., Henderson, B., Mottet, A., Opio, C., Dijkman, J., Falcucci, A. & Tempio, G. 2013. Tackling climate change through livestock – A global assessment of emissions and mitigation opportunities. Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO), Rome.
  • OECD/FAO (2020), OECD-FAO Agricultural Outlook 2020-2029, OECD Publishing, Paris/FAO, Rome.
  • World Wildlife Eating for 2 Degrees: New and Updated Eatwell Plates. 2017.
  • Wang, Y., & Beydoun, M. A. (2009). Meat consumption is associated with obesity and central obesity among US adults. International Journal of Obesity, 33(6), 621–628.
  • Micha, R., Michas, G., & Mozaffarian, D. (2012). Unprocessed red and processed meats and risk of coronary artery disease and type 2 diabetes – an updated review of the evidence. Current Atherosclerosis Reports, 14(6), 515–524.
  • McEvoy, C.T., Temple, N., Woodside, J.V. Vegetarian diets, low-meat diets and health: A review (2012) Public Health Nutrition, 15 (12), pp. 2287-2294.

The kick-off meeting of AY 2021

The kick-off meeting of AY 2021 with the three new members was held on April 14. We warmly welcomed Megumi, Pat and Riho as the new members.  I hope the three students have productive and memorable learning and research experience at Tokyo Tech.

We introduced ourselves with each other and I was truly impressed with the various talents that our members have.  It also turned out that there are a cat-lover group and a dog-lover group! Coincidently we had a special cute guest in the photo session. I guess he has not decided whether or not he would study with us, maybe busy for doing something different (and fun).

Under the current pandemic, unfortunately, our face-to-face communication and activities are still restricted but with our courage and creative mind-sets, I really hope we could make our daily lives interesting and positive.

many of us put the mask before shooting the photo! 

日経電子版Proを読む!

阿部研究室では、日本経済新聞(紙媒体)を定期購読しています。新聞は「世の中を知る」ための基本かつ最良のツールであり、政治、経済、文化・スポーツそして国際情勢を含めた世の中の動き全体を知ることができます。この度、日経メディアマーケティングサービス様のご厚意により期間限定で「日経Pro」(電子)を所属メンバーが購読できるようになりました。学生が記事を読んでの感想を各々の研究の接点を意識しつつブログに綴っていきます。
トップバッターは宮内さん(B4)です。

星野リゾート代表 星野氏による記事
「学び×これからの観光」を読んで

文責:宮内

はじめに、第1回で述べられていた星野リゾート代表の星野佳路さんのお言葉について、とても適切でこれから一致団結して復活しなければならない会社の代表としてふさわしい内容だと感じました。その中でも、経済活動を再開し新たに活動をしていく際に、焦って目先の問題に取り組むのではなく、長期的な視点で1年半後を想定した計画を立てていること。これはとても有効だと思います。枯渇することの無いよう限られた資源を有効に使う持続可能な社会を目指す現代にとって、経済の復活や再生を第一優先とした活動は自然環境を顧みなくなる場合があります。またこういった経済面での回復を目指した結果、とにかく客を集めようとしてそれにより3密状態、ひいてはオーバーツーリズムといった別の問題も台頭してしまう可能性があります。その点でも焦らず対策を打っていくことは正しいと思います。

また、主に第2回で大々的に述べられていた、消費者の自粛によるストレスを解放しつつも観光業が経済的に回復する多面的アプローチとして、マイクロツーリズムに焦点を当てたことはよいことだと思います。大きく理由は3つあります。1つ目に、第4回でも述べられていた安全性という点について、感染拡大防止を意識した観光ということで近場ならば訪問者も安心して観光できるためストレス解消にはもってこいだということ。2つ目に、今まで宿泊する旅行といえば行ったことのない遠くの地方に意識が向きがちだったが、逆に今まで頭に浮かばなかった周辺地域を観光することで実は気づいていなかった地元の魅力を見出すことができるということ。3つ目に、観光離れしている若者を呼び寄せる対策ができるということ。旅行に行きたがらない理由の一つとして、遠くて行きづらいから、というのがあると思います。これが車やバスで1時間以内で行ける所ならば気分転換で行こうと考える人も増えると思います。さらに第3回のメインテーマであった若い人が地域の魅力を引き出すという点について、同じ世代の若い観光客を呼ぶためにはかなり有効だと思います。例えば、私はサークル活動の一環で他大学を含めた大規模な大会運営をしました。この際、最近流行りのインスタグラムを利用した宣伝を行うことで同世代の注目を集めました(図1)。

図 1:インスタ上での大会の宣伝

このように、今の流行を生きる若者だからこそ見えてくる視点もあり、これをうまく活用していくことも大切だと思いました。私自身、年配の方々というのはこれまでにやってきた(成功してきた)やり方があるので、今の流行に乗せた手法は忌み嫌う印象がありました。ですが、第3回で星野代表がおっしゃっていたように星野リゾートでは「ボトムもトップも対等に、遠慮せず意見を出し合う」形で若い世代にもある程度自由と権限を与える手法をとっています。これは様々な世代が意見を出し合い多角的に活動することができるという点で、今後活動を再開し新たな形で観光産業を盛り上げていくうえで重要なことだと思いました。

IATUR 2017 発表報告 (International Association for Time Use Research 2017 in Madrid)

皆様こんにちは,石尾です.

私はこの度スペインの首都マドリードに行って参りました.世界の生活時間研究者が一堂に会する学会,International Association for Time Use Research,通称IATURに出席するためです(なお,本学会への参加は,公益財団法人 村田学術振興財団 の助成によって実現したものです.財団関係者の方々には改めて御礼申し上げます).

今回の学会は,私にとってはある種の「挑戦」でありました.私にとって,これまでは,一つの学会につき一つの口頭発表をParallel Sessionにて行う,というのが恒例でした.しかし今回私は,①二つの口頭発表を行い,②うちひとつはPlenary Sessionにて参加者全員に対して発表を行い,さらに,③単なる口頭発表ではなく同時に「楽曲」のデモンストレーションを行うことになっていました.したがって,渡航直前の緊張感はこれまで以上に高いものでした.

今回の学会のテーマは,”Time Use Research: Past, Present and Future Perspectives”というものであり,私がPlenary Sessionにおけるスピーカーとして声をかけてもらえたのも,アブストラクトの中で,この”Future”に該当する新たなTime Use Researchのコンセプトを提示したからだと考えております.そのコンセプトとは,第一にPsychophysiological Time Use Surveyであり,第二に,Daily Life Sonificationというものでした.

さて,久しぶりのヨーロッパ渡航です.しかし,発表準備に追われるあまり(発表を心配するあまり),羽田空港に到着してからも,飛行機に乗り込んでもなお,「海外に行くのだ」というワクワク感をあまり感じることなく,経由地であるドバイ国際空港に到着してもなお海外渡航ならではの情緒を感じることなく,ただただ研究室で机に向かっているような気分で時を過ごしておりました.

そしておよそ20時間におよぶ移動の後にマドリードに到着しました.乳幼児を連れての航空機による移動における両親の苦労を間近に眺めつつの(もちろん適宜手伝いつつ)移動でした.

  

¡Hola!とGracias.以外にろくなスペイン語も知りませんでしたが,空港から市内までの地下鉄での移動は非常にわかりやすく,快適でした(しかし,空港からホテルの最寄り駅を結ぶ最短コースが,駅の改修工事のため利用不可能であったため多少の混乱はありました).そして,ホテルの近くのレストランにて夕食をとりようやくスペインに来たのだという実感が湧いて参りました.

スペインの気候は温暖ですが乾燥しており,湿度は日本の半分程度であったと記憶しております.従って,暑いには暑いのですが,皆その暑さを受け入れているというか,エアコンを点けなくとも木陰で休めば快適であるような気候でした.そして,特に驚いたのが,日の入りが非常に遅いことで,夜の10時ころであっても外は薄暗い程度で,日の入りの遅さ故か,人々もどこか夜更かしをしがちであるような感を受けました(真夜中を過ぎても,日本の夜9時と同じ位の雰囲気です).滞在場所が市街地であったという点を差し引いても,マドリードは夜の長い街なのではないかと思います.

発表前日は一睡も出来ませんでした.私の発表は初日(7月19日)の一番最初と,最終日の(7月21日)一番最初に予定されており,特に初日は,Plenary Sessionにおける最初のスピーカーとして学会参加者の中で一番最初に口火を切らなければならなかったため,確実に朝一番に会場に行かねばなりません.しかし,発表準備疲れと時差ボケの影響を受けていたため,私には,たとえ目覚ましを二重三重にかけたとしても朝時間通りに目を覚ます自信が無かったのです.

早めに会場となるEscuela Técnica Superior de Ingenieros Industriales UPMに向かいます(写真左).しばらくすると見知った顔がちらほら,あっという間にその時は来ます(写真右).

  

  

あっという間に終わりました.この発表では,従来のTime Use Surveyで収集されてきた心理的情報(Affective/emotional states)に加え,ウェアラブル端末等を用いて生理的情報(今回はHeart Rate Variabilityによって示される生理的ストレスレベル)を収集することで,より多面的に生活を評価し,生活ストレッサーや生活の中のポジティブ感情の源泉等についてより確度の高い情報を提供する手法(通称,Psychophysiological Time Use Survey)を提案しました.

発表後に,何人ものかたから好意的なご意見を頂くことができ,今後より手法の信頼性を高めつつ,回答者負担を減らしつつ,そして,測定結果を有効活用するための方法を提案していこう,さらに,より多くの地域や状況下での測定を進めていこうとモチベーションが非常に高まりました.

やはり,学会はすばらしいです.

また,最終日の発表においては,Daily Life Sonificationのデモンストレーションを行いました.日常生活における人の生理心理的状態を楽曲として表現するのです.具体的には,感情の変化をコードとその進行で,生理的ストレスの変化をメロディーとして表す方法の紹介を行いました.これまでに無い,IATURにおいても全く新しいと言ってもよい試みであったため,他の参加者の方の反応に関して若干の不安がありました.しかし,実際発表してみると,楽曲の演奏後には拍手を頂くなど,こちらも比較的好意的に受け止めて頂くことができ,非常にありがたかったです.

今回の挑戦は,体力的には厳しい部分もありましたが,発表を通じて多くの研究者の方々とつながることができ,また,多くの方々から,今回の提案手法に対し前向きなコメントを頂くことができ,結果的に非常に楽しく時を過ごすことができました.

頂いたコメントはどれも今後の研究の励みとなるものであり,そして,いつの日か,ここでつながり会えた方々と共同研究などを行っていきたいという気持ちを掻き立てられるものでした.

来年度はハンガリー,ブタペストでの開催です.これから一年,よりいっそう研究をはじめとする活動に励み,パワーアップして来年度の学会に望みたいと思います.

最後に,マドリードは非常に美しい土地でした.特に,マヨール広場周辺の路地の雰囲気が気に入りました.そして,レアル・マドリードの本拠地であるエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウは圧巻でした.やはりレアル・マドリードは最高のクラブの一つだと再確認して参りました.

  

石尾

報告:講義_国際開発共創概論(2017)について

私がコーディネーターを務めている科目として、融合理工学系の「国際開発共創概論」があります(自分自身も一部の講義を担当しています)。この科目は、旧国際開発工学科の「国際開発論」を発展させた構成になっており、その特徴は学外の多彩なゲストスピーカーを招聘しているところにあります。

本講義では、国際的な視野と規模で活躍しているゲストスピーカーの業務・研究分野について、生の声を通じて触れることができること点が最大の特徴となっています。また、各ゲストスピーカーから提示される課題について、GSEP学生を含む多様な国籍の学生たちがグループワークとして取り組み、発表する点も、講義に対する理解を深める重要な活動と位置付けられています。

本科目は、GSEP学生と融合理工学系において英語で学ぶことに積極的な学生のために、今年度から英語により開講されています(ゲストスピーカーの方々は英語に堪能な方ばかりです)。英語を使った発表やグループワークをすることに慣れていない学生にとっては少々ハードルの高い科目になったかもしれませんが、どこまで英語を使いこなせる様になるとよいのか、実践的に体感できたのではないかと思います。

今年度(2107年)のゲストスピーカーは以下の方々でした(記載順序は講義の日程に沿っています。写真も同様です)。皆様、ご多忙のところ、ご出講くださり、誠にありがとうございました。

  • 国際協力機構(JICA)より、市口知英氏
  • 日本工営株式会社より、森尾康治氏
  • ワールドビジョンジャパンより、木内真理子氏
  • 地球環境戦略研究機関(IGES)より、堀田康彦氏
  • オリックス株式会社より、坂井 正実氏
  • 三井物産株式会社より、工藤仁氏